ONLINE STORE

11/12 FRI10:45

いわぎんスタジアム

試合詳細 MORE

NEWSお知らせ

クラブの記事一覧

クラブ

2021.01.21 UP

「合同セレクション2021 関東会場②」を開催しました

 

12月20日(日)、東京都葛飾区の東金町運動場多目的広場にて合同セレクション2021関東会場②を開催しました。参加いただいた選手及び視察チームの皆様、誠にありがとうございました。

 

 

今回もお申込みの段階で定員の88名に達しており、当日にキャンセルが出ましたが、85名の選手及び32チーム(65名)に視察いただきました。視察スタッフの中には、浦和レッズで長年にわたって活躍された元日本代表でもある山田暢久さん(イトゥアーノFC横浜監督)もいらっしゃいました。

 

 

これまでと同様に、4試合(30分ハーフ)を行いました。冷たい風が吹きつける難しいコンディションでしたが、参加された選手は随所に熱いプレーを披露されていました。運営をサポートいただいた南葛SC、東京スポーツ・レクリエーション専門学校の学生の方々、改めてお礼申し上げます。

 

 

参加選手と視察スタッフの声をご紹介させていただきます。取材にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

■参加選手の声

大塚聖也選手 藤沢ユナイテッドFC


合同セレクションの参加は初めてで、Facebookの宣伝を見て参加しました。セレクション独特の、初めての人同士の中で僕たちのチームは声をかけて名前を覚え合い、やりやすい雰囲気がありました。昨年アメリカの大学を卒業して、今季はオーストラリアの2部のチームと契約できたんですが、新型コロナの影響で帰国せざるを得なくなり、今の県3部のチームにお世話になっています。最終的にはJリーグや海外でのプロを目指していますが、直接は難しいと思うので、ステップアップをサポートしてくれるチームに行ければと思っています。

 

大森遊音選手 川口市役所サッカー部


合同セレクションに参加したのは初めてです。チームを探していて、ツイッターやゲキサカでも大きく取り上げられていて、関東でも2回開催されるということで参加させていただきました。今25歳で、高卒や大卒の年齢ではないので、一つでも上のカテゴリーでやりたいと思っていて、チームのビジョンや自分が好むサッカーと合うチームであればさらにいいなと思っています。(プレーについて)立ち上がりは少しやりづらさもあったんですけど、徐々に慣れてきて、チームメイトと連係をとりながら後半逆転できたのはよかったです。

 

平塚洋祐選手 神戸市外国語大4年


セレクションのことは昨日友人から教えてもらって知りました。キャンセル待ちをさせてもらい、偶然キャンセルが出て試合に出ることができました。今大学4年で、兵庫県内の企業から内定もいただいているのですが、引退が近づくにつれてサッカーから離れるのが寂しくなり、社会人でもサッカーを続けたい気持ちが強くなって「これは行くしかないな」と思って、申し込みました。周りのレベルが高くてついていくのに必死でしたが、こういった場でサッカーができてよかったです。

 

■視察スタッフの声

イトゥアーノFC横浜(神奈川1部) 山田暢久監督


視察は今年が初めてで、僕自身は今日が初めてでした。社会人チームは選手の入れ替わりが激しく、常に選手の補強や確保をする必要があると感じています。今日に関しては、GKや後ろ(DF)のポジションに重点を置きながら見させてもらいました。先週(関東①)と今週で、目についた選手には声をかけさせてもらっていて、結構な人数になっていると思います。

選手にとってもこういう機会を作ってくれることはありがたいでしょうし、次のチャンスをつかめるところに立てること自体が、すごくうれしいことだと思います。われわれとしても、いろいろな選手を見ることができるので、こういう場を提供していただけるのはありがたいですね。

 

南葛SC(来季から関東2部) 朝田貴則コーチ


今年は新型コロナの影響もあってか、学生さんが多かった印象がありますが、その中でも意欲ある選手が頑張ってくれていて、いい機会だなと思いました。来季からカテゴリーが上がりますが、選手の数だけでなく力量も当然重要になっていて、スタートから出る選手と出ない選手の差が紙一重になり、選手同士が競争してくれるような環境を作るのも僕らの仕事の一つだと思っています。その意味でも、現状の戦力に刺激を与えられる選手を補強のポイントとして見ていて、関東2会場で5~6人の選手に声をかけさせていただきました。

 

クラブ

2021.01.13 UP

「合同セレクション2021 関東会場①」を開催しました

 

12月13日(日)、茨城県の筑波学院大学グラウンドにて「合同セレクション2021関東会場①」を開催しました。参加いただいた選手及び視察チームの皆様、誠にありがとうございました。

 

 

これまで開催した3回と同様に、お申込みの段階で定員の88名に達しており、当日のキャンセルを除く83名の選手に参加いただきました。視察チームは36に上り、計78名の方に来場いただきました。

 

 

30分ハーフで4試合を行い、各選手のプレー時間として60分を確保させていただきました。当日のキャンセルや試合中のケガでプレー続行が難しくなった場合は、運営補助にも当たっていただいたジョイフル本田つくばFCの選手にプレーいただき、全スケジュールを終えることができました(ご協力いただきましたジョイフル本田つくばFCの皆様、ありがとうございました)

 

 

参加された選手と視察スタッフの方の声をご紹介させていただきます。取材にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

■参加選手の声

内海大河選手 東京学芸大4年


大学の友人からセレクションのことを教えてもらって、参加しました。自分は今シーズンの途中でトップチームからBチームに落ちてしまったのですが、トップチームにはプロに決まった選手がいます。同じ舞台で、とまではいかなくても、自分もサッカーを続けたいと思っている以上、負けたくないなという思いがありました。試合は緊張しましたが、なんとか最後まで足がつらずに走れてよかったです。全員が(一緒にプレーするのは)初めてでしたが、いつもの練習どおりできて、自分のパフォーマンスは出せたと思います。

 

日野雄介選手 東京経済大3年


今3年生で、大学を卒業してからもサッカーを続けたい気持ちがあり、大学のコーチからこのセレクションのことを聞きました。もう1年大学でプレーして、チームを関東2部に昇格させたい(現在チームは東京都リーグ)気持ちが強いですが、今後のサッカー人生を考えると、よりプロに近いところでプレーしたいという気持ちもあり、参加させていただきました。あと1年残っている状況で、こうした場でプレーできたのは貴重な経験になりました。自分の特徴はクロスで、もっと上げられればよかったのですが、楽しくプレーできました。

 

吉原隼加選手 ザスパ草津チャレンジャーズ(関東2部)


(プレーに関して)球際も激しくできたし、いいアピールができたと思います。試合前やハーフタイムでチームメイトとコミュニケーションをとることを意識していました。合同セレクションは昨年度も参加していて、公式LINEで連絡をいただき、今年もチャレンジしようと思いました。チームに所属しながら、良いチームから声がかかればそちらに行きたいと考えています。今は仕事をしながらサッカーをしていますが、いずれはサッカーだけで生活していくという目標があるので、プロ契約を結んでいただけるように頑張ります。

 

■視察スタッフの声

FC刈谷(来季からJFL) 飯塚亮ヘッドコーチ


ここ5年ほど視察させていただいていますが、いろいろな地域の選手、サッカーへの思いを持った選手が来て、自分たちの目で見られるので、すごくいい機会だと思っています。今季は新型コロナの影響で試合数も少なく、無観客での開催もあってほかのゲームは見られませんでした。このような機会で戦力を発掘できればいいと思っていますし、JFLに昇格できたので、今以上に戦力のベースをあげないといけないので、そこの見極めをしっかりすることを意識しながら、視察させていただきました。

 

ジョイフル本田つくばFC(関東1部) 副島秀治強化部長


2013年から視察させていただいています。今年は新型コロナの影響で、選手の練習参加に関して、僕らの受け入れも難しかったり、学生さんも学校から制限を受けていて参加できなかったりと、動きがとれない状況が長く続き、お互いを知る機会がなく大変でした。その中で、できるだけ多くの選手に練習参加してもらいたいと考えていて、今年はこれまでの関西・東海会場も含めて15~16人に声をかけさせていただいています。100%来てくれるわけではないので、少し多めに声をかけるようにしています。

 

JAPANサッカーカレッジ(北信越1部) 和田治雄監督


われわれは卒業後もサッカーしたいと考えている学生が多いので、これまでも個人的に参加していたケースがありましたが、今回は学校として希望する学生(9名)を引率して参加させていただきました。同時に、トップチームでは数名の契約選手がいるので、その視察も兼ねさせていただいています。

上のカテゴリーでやりたいという選手を、これだけたくさん見ることができるのがこのセレクションの最大のよさだと思いますし、同時にいろいろなチームのスタッフが来られるので、情報交換できるのもありがたいですね。今年は、新型コロナの影響で試合を見に行けなかったり、練習参加で選手を呼ぶことも難しかったり、想像以上に活動しにくい1年でしたが、そういう意味でも例年以上に(合同セレクションの)価値が高まっているのではないかと感じています。

 

 

クラブ

2021.01.01 UP

新年のご挨拶

 

新年あけましておめでとうございます。

 

また、平素より多大なるご支援ご声援を頂き、誠にありがとうございます。

 

2020年は新型コロナウイルスの影響により、スポーツ界も多大なる影響を受けたシーズンとなりました。そんな中でも、1年間無事に戦い抜けたことは、皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

 

昨年は、2017年から3年連続で全国地域決勝チャンピオンズ大会に出場しあと1歩でJFL昇格に迫ってきた中で、その「1歩」を達成するために、チームとして大きな変革をした年でした。リーグ戦を戦いながらよりパワーアップしたチームに進化する流れを想定しましたが、新型コロナウイルスによるリーグ戦短縮の影響もあり、チームが成熟を迎える前にリーグ戦が終了してしまいました。

 

2021年は昨年からの流れを踏襲しながら、日々の練習からコーチングスタッフ・フロントスタッフの能力まで、各要素をより向上させていくことで、JFL昇格の目標を目指して参ります。目標を達成できるポテンシャルは十分に備えているチームだと感じており、細部の要素に拘り抜くことで、その力をさらに伸ばしていく所存です。

 

また事業面につきましては、150社以上(2020年12月末現在)の株主・パートナー企業様とクラブを一緒に創って頂いており、少しずつビジネス面での活用事例も作ることができているなど、着実に輪が広がっていると感じております。

 

2021年はその流れを更に加速させていき、京都の企業様を中心に、ビジネス面においても様々な側面からおこしやす京都ACを活用頂く事例を数多く作っていければ幸いです。また同時に、クラブとして改善していく要素につきましても、現状のリソースと照らし合わせながら、段階的に取り組んでいければと存じます。

 

より京都に根付き、スポーツの側面から京都・日本・世界を豊かに幸せにしていけるように、新しい価値を発信していけるように邁進して参ります。

 

2021年も引き続きのご支援ご声援を賜れますと大変幸いです。

いつも誠にありがとうございます。

 

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

2021年1月1日

おこしやす京都AC株式会社

1 2 3 4 5 7

FOLLOW USおこしやす京都をフォローする

youtubeYoutube 関連動画
instagramInstagram #おこしやす京都AC

PARTNERパートナー企業