ONLINE STORE

NEWSお知らせ

2022.11.14 UP

おこしやす京都AC 新卒社員プレーヤー募集!(既卒・第二新卒枠あり)

 

ビジネス・サッカー両面で成長を実現!
地域を笑顔にするクラブをともにつくる「社員プレーヤー」募集!
(※既卒・第二新卒枠あり)

 

おこしやす京都ACでは、組織に関わるメンバーの中長期的な成長・育成を大切にし、ビジネス面・サッカー面ともに高いレベルで、将来に渡って活躍できる人材育成に取り組んでいます。
2023シーズンに向けて、サッカー選手である前に、一人の社会人としてしっかりと仕事に取り組みながら、選手としても成長し、本当の意味で地域に必要とされるクラブをつくる「社員プレーヤー」を募集します。

チーム全員の力を合わせて、おこしやす京都ACを通じて地域の様々な人や企業をつなぎ、関わる人が笑顔になり、人生が豊かになる素晴らしいクラブを一緒につくっていきましょう!

 

 

<社員プレーヤーとは>
おこしやす京都ACの一員として、午前中はサッカーの練習に励み、午後は、事務所でクラブの仕事を行いながら、ビジネス・サッカー両面で成長するとともに、サッカーを引退した後も、社会の様々な分野で活躍できる力を身に付けたビジネスパーソンになることを目指します。

 

 

<おこしやす京都ACの魅力>

①直近5年で、地域CL決勝ラウンドに3度出場する高い競技レベル
おこしやす京都ACは、直近5年で3度の関西リーグ優勝、全国社会人選手権大会(全社)準優勝、地域チャンピオンズリーグ(地決)第3位の成績を残し、また、昨年の天皇杯3回戦では、サンフレッチェ広島(J1)を5-1で破り、「史上最大のジャイアントキリング」として多くのご注目を頂きました。
JFL昇格まであと一歩に迫る高いレベルのチームで、選手としての成長に向き合える環境が整っています。

 

 

②元世代別日本代表監督・吉武博文氏とともに、サッカー面の成長を追求
元アンダー日本代表監督、FC今治トップチーム監督等を歴任し、現在日本代表として活躍する選手も指導された吉武博文氏を監督に迎え、中長期で選手としての成長を目指せる環境を整えています。
これまでのサッカー経験を一度リセットされた全く違う見方を求められることになり、徹底して考えることを求められますが、サッカーの新しい見方や選手としての更なる成長可能性を発見でき、サッカーが更に楽しくなり、成長できると考えています。

 

③元大手企業人材とともに、ビジネスパーソンとしても成長
東大卒2人目のJリーガーである代表・添田隆司をはじめ、大手総合商社や外資系コンサルティング会社から転職してきたスタッフとともに、ビジネスパーソンとしても活躍するための環境が用意されています。
スポーツビジネス界で活躍できるよう社内独自に開発したライセンス制度や、クラブスタッフとの定期的な1on1を通して、社員プレーヤーの成長に徹底的に寄り添います。

 

 

④豊かなセカンドキャリアの実現
おこしやす京都ACでは、グループ会社とも連携しながら、現役引退後も、指導者やクラブ経営者など、スポーツビジネスに関わる幅広いキャリアの可能性が開かれています。
現・クラブ代表の添田隆司も、東京大学卒業後、藤枝MYFCに入団し、Jリーグ通算10試合出場をした後、2018年よりおこしやす京都ACの代表取締役としてクラブ経営に尽力しており、日々、身近なロールモデルに接しながら、将来のキャリアを模索することが可能です。

 

 

⑤メディア掲載も多数
サッカー経験ゼロにも関わらずJクラブの戦術分析官となった龍岡歩をはじめ、注目頂く機会も多く、過去にはテレビ朝日「激レアさんを連れてきた。」、TBS「新・情報7daysニュースキャスター」、フジテレビ「ジャンクSPORTS」等にも取り上げて頂きました。Jリーグ・JFLのチームでもキー局に取り上げられる機会は少ない中で、様々な角度から取り上げて頂いています。

 

※オンエア時の映像より(左:テレビ朝日系列、右:フジテレビ系列)

 

⑥京都ではたらく
歴史・文化・伝統溢れる京都という街で、伝統産業や長らく地域に根付かれてきた企業様とご一緒させて頂きながら、地域にとって必要とされる、この地でしかできないクラブづくりに関わることができます。

 

 

<私たちが大切にしていること>

高いレベルで仕事に取り組みながら、サッカー選手として活躍することは、決して簡単なことではなく、組織・チームの一員として働く上で、以下の考えを大切にすることで実現できると考えています。

1. 組織貢献

チームの目指すものに向かって自分の今できることに全力で取り組めること

2.チームではたらく(対話)

他者の背景を想像し、自分の尺度だけで物事を判断せず、対話、議論ができること

3.原因自分論

何かが起きた時に、他人や環境のせいにするのではなく、まず自分に何ができたかできるかを考えること

4.自己認識

常に自分のできること、できないことを知ること、そのために原因自分論で物事を考え、他者のフィードバックを素直に受け入れること

5.挑戦

あくなき探究心を持ち、今ここでしかできないことに挑戦すること

6.考える力

何事にも疑問を持ち、目標や課題に対してあらゆる角度から考え抜くこと

7.感謝

全力で挑戦できることが当たり前でないことを認識し、それができる社会や環境に感謝の気持ちを持ち続けること

 

<仕事内容>

・地域訪問

-株主・パートナー企業への定期訪問(190社超)

-京都市右京区を中心にした訪問活動(年間2,000件以上、ポスター掲載700枚)

-新規訪問先候補へのアポ取り(テレアポ・飛び込みなど)

・広報

-SNS(Twitter、Instagram、Facebook)を通じたクラブ活動の発信

-クラブ広報誌の発行

・地域活動

-清掃活動、地域イベントへの参加

・パートナー企業様・行政とのプロジェクト企画

-京都両洋高校×千賀塾×おこしやす京都AC 学校見学会&クロストークショー

-西陣555周年×おこしやす京都AC「オリジナル名前旗」プロジェクト

-京都大学とのAI共同研究開発プロジェクト

-サッカー教室の企画・実施 他多数

・京都・地元企業を中心とした共同事業開発・コンサルティング

-体育会系人材を中心とした新卒採用課題解決

-SNS媒体を中心とした認知拡大の実装サポート

-新規事業開発における実証実験サポート

-オリジナル商品開発を通じた、従来リーチできなかったターゲットへのBtoB販路開拓 他多数

・練習用グラウンド建設プロジェクト

・その他、おこしやす京都ACのクラブ運営に係る諸業務

 

※経験・能力等の適性によって担当頂く業務内容は異なります

 

<こんな方と働きたい!>

【共通】

・明るく前向きで、何事も素直にやってみようという姿勢のある方
・社会人として、おこしやす京都ACの仕事にしっかり取り組みながら、サッカー選手としても成長し、ともにクラブをつくっていきたい方
・短期志向ではなく、サッカー選手を含めたキャリアを中長期的に考えられる方
・私たちが大切にしていることに共感して頂ける方

 

【新卒の方】

・2023年3月卒業見込み(高校、大学、大学院)
・おこしやす京都ACの競技レベルにマッチする方

 

【既卒・第二新卒の方】

・社会人経験1〜3年程度(場合により4,5年も可)
・おこしやす京都ACの競技レベルにマッチする方(1,2年程度のブランクは問いません)

 

※在学中の方
学業と並行してチームに所属したい場合は、インターン等で要相談させて頂きます

 

※参考:グループ採用実績(50音順)
大阪産業大学、近畿大学、関西学院大学、京都大学、産業能率大学、筑波大学、名古屋経済大学、日本体育大学、一橋大学、姫路獨協大学、立命館大学、龍谷大学 他

 

<募集要項>

【業務内容】
・上記の通り

 

【就業場所】
・おこしやす京都AC事務所(京都市右京区) 他

 

【勤務時間】
・9:00~20:00(うち、実働8時間)

 

【給与】
・18万円~(経験に応じて)

 

【福利厚生】
・社会保険完備
・交通費支給 他

 

【雇用形態】
・1年目は契約社員、2年目以降は正社員(パフォーマンスに応じて)
 ※既卒・第二新卒の場合は、基本1年目から正社員(試用期間3か月)

 

【その他】
・2月からのチーム活動に参加できる方(難しい場合は相談可能)

 

 

<今後の流れ>

【オンライン説明会

少しでもご興味ありましたら、まずは説明会へご参加ください!

(詳しくは説明会にてご案内致します)

①2022年11月23日(水)10~11時 ⇒申込終了しました

②2022年11月30日(水)19~20時

③2022年12月7日(水)19~20時

④2022年12月12日(月)19~20時

⑤2022年12月17日(土)19~20時

※いずれの日程も同じ内容です。

 

【説明会後の流れ

・エントリー

・一次選考(Web面接、書類/サッカー選考)

・二次選考(面接数回程度を予定)

・内定

 

 

<お問い合わせ>
採用担当:能木(のうぎ) 075-325-4155

 

 

 

~社員プレーヤーをより詳しく知る~

(プロジェクト事例、社員プレーヤーの声)

(さらに…)

2022.11.09 UP

吉武博文氏 監督就任のお知らせ

この度、吉武博文氏が2023年より、おこしやす京都ACの監督に就任することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

 

吉武 博文/よしたけ ひろふみ

 

【生年月日】1960年6月8日

【出身地】大分県

【資格】
・公財 日本サッカー協会公認 S級コーチ
・AFC Pro-Diploma
・公財 日本スポーツ協会公認 コーチ4
・中学校高等学校教諭専修免許

 

【選手歴】
大分大学 → 上野丘クラブ

 

【指導歴(経歴)】
1985年~1991年 大分市立明野中学校
1992年~1995年 プラハ日本人学校
1996年~1997年 大分大学大学院教育学研究科
1998年 大分市立王子中学校
1999年 大分市立東陽中学校
1996年~2006年 大分トリニータU-15/コーチ
2000年~2005年 大分県立盲学校
2004年 U15日本代表監督ジーコカップ

2005年 U16日本代表監督モンテギュー国際・ブレーメン国際
2006年 U18日本代表監督仙台カップ
2009年~2014年 U15/U16/U17日本代表監督
2015年 FC今治メソッド事業本部長
2016年~2018年 FC今治トップチーム監督
2019年 JFAアカデミー福島男子U-15監督
2020年 東京ヴェルディトップチームヘッドコーチ
2021年~2022年 アローズ長崎ゼネラルマネージャー兼APPダイレクター

 

【コメント】
夢のあるプロジェクトにスポーツX並びにおこしやす京都の関係者様と共に尽力できることを大変嬉しく思います。

これまでサッカー指導者としての40年間で培った全てのものを出し切りたいと考えています。何卒よろしくお願い申し上げます。

2022.11.09 UP

ムスタファ監督 退任のお知らせ

 

この度、ムスタファ監督が今シーズン限りで退任することが決定しましたので、お知らせいたします。後任については決定次第お知らせいたします。

 

なお、ムスタファ監督につきましては、引き続き、おこしやす京都ACのグループ会社内でガーナと日本をつなぐ仕事を続けて頂くことを予定しております。

 

ムスタファ ESSUMAN MUSTAPHA KOBINA OFORI

【生年月日】1983年11月28日(38歳)

【出身地】アクラ(ガーナ)

【選手歴】アクラ・ハーツ・オブ・オーク(ガーナ) – ビルドコンFC(ザンビア) – ンカナFC(ザンビア) – おこしやす京都AC

 

【代表歴】
・ガーナU-23代表
・ガーナA代表

 

【指導歴】

2019年 キングス・パレスFC・アコソンボ(ガーナ)コーチ
2020年〜 おこしやす京都ACコーチ
2022年~ おこしやす京都AC監督

 

【コメント】

I will firstly say SORRY to the Club, partners, shareholders and fans for not being able to achieve my JFL dreams as a director.
I knew it will not be easy for me as my first time and first season being a director of Ococias Kyoto AC but I wanted to face the challenge and help the club to achieve it goal to JFL, We started the league very well and players were doing there best to help the team as well even though there was much injury problems right after the league started but Coaching staff did there best also to encourage players mentally which make things much easy for us to go through the league and became forth and we were able to qualified to Zensha through the hard work of the players and Coaching staff as well as the support from the shareholders, partners and fans.
We went Zensha as a team with unity and understanding thinking to do our best to pay back to the society the support they gave us, We played very well at Zensha but we couldn’t achieve our goal as planed. As a director of a club I have learnt a big lesson of strengthen players with unity and understanding to each other which is the key factor of a group of people working together to achieve one goal.
The club will make sure next season will be a very great season with full of unity and understanding to players and staff right from the begging of the season to ensure great success to pay back the society what they deserve.
I will say a big thank you to the partners, shareholders and Fans of Ococias Kyoto AC, I really appreciate all your support for me and the team this season, let keep supporting the team next season to help the society growth for the future of the youth. Thank you all.

 

まずは監督としてJFL昇格という目標を達成できず、クラブ、株主・パートナー企業様、そしてファン・サポーターの皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

この大きな目標を監督就任初年度で達成することは簡単ではないということは理解していましたが、JFL昇格という目標への挑戦する気持ちを持ち、クラブを助けていくために今シーズンに臨みました。

リーグ初戦は選手たちの頑張りのおかげで勝利しましたが、その後怪我人が出てしまい難しい状況になってしまいました。リーグ優勝を成し遂げることはできませんでしたが、選手・スタッフ共にベストを尽くし、全社の出場権を獲得し、昇格への望みをつなぐことができました。難しい状況でも精神的な強さを発揮できたのは、選手・スタッフはもちろん、株主・パートナー企業様、そしてファン・サポーターの皆様のサポートのおかげです。全社ではチームとしての一体感、また、今までサポートしていただいた方々に恩返しするという気持ちを持って臨みました。良いパフォーマンスを見せることができたと思いますが、目標であった地決の出場権を獲得することはできませんでした。監督として、一つの目標をチームとして達成するために大事な要素である、団結力と相互理解の重要性を改めて学ばせてもらいました。

来シーズンは、団結力と相互理解両面をチームとして高めて、昇格を達成し、今までサポートしていただいた方々に恩返しをできるように、おこしやす京都ACもクラブとして全力を尽くしてくれると思っています。

おこしやす京都ACの株主・パートナー企業様、そしてファン・サポーターの皆様、今シーズンもクラブ、チームを支援して頂き、ありがとうございました。来シーズンも、子ども達の未来を創る社会の発展のためにも、引き続きご支援・ご声援のほど、宜しくお願い致します。

本当にありがとうございました。

 

1 2 3 4 5 134

FOLLOW USおこしやす京都をフォローする

youtubeYoutube 関連動画
instagramInstagram #おこしやす京都AC

PARTNERパートナー企業