NEWSお知らせ

2021.02.05 UP

澤口雅彦選手 現役引退のお知らせ

 

この度、澤口雅彦選手が、2020シーズンをもって現役を引退することになりましたのでお知らせいたします。

 

澤口雅彦 Masahiko SAWAGUCHI
ポジション:DF
生年月日:1985年7月22日(35歳)
身長体重:174cm、76kg
出身地:茨城県
前所属:ファジアーノ岡山
経歴:鹿島高校→流通経済大学→FC琉球→ファジアーノ岡山→おこしやす京都AC(2019〜)

 

 

【澤口選手コメント】

こんにちは。
澤口雅彦です。

 

この度、サッカー選手を引退する事になりましたのでご報告します。

 

10歳から始めたサッカーを辞める決断をするのは少し時間がかかってしまいました。
3歳年上の兄とボールを蹴って遊んでいたのがきっかけでしょうか。そんな遊びの一部だったサッカーが、少年の未来を変えました。

 

地元の神栖市から車で20分、突如見えてくる巨大なスタジアム。
鹿島アントラーズ対ヴェルディ川崎の試合を両親に連れられて観戦したのが初めての試合でした。スタジアムの雰囲気、サポーターの熱、サッカー選手のキラキラした姿に心を奪われ、サッカー選手になることを夢みるようになりました。

 

小学校の昼休みには、給食を食べて一目散に校庭に出てサッカーをし、学校から帰った後も、公園や家の前でボール蹴っていました。
何度隣の家の塀を飛び越えてボールを取りに行ったことか‥‥。

 

中学校では神栖第二中学校サッカー部に所属し、先生方にいろいろご迷惑をお掛けした事もありましたが、熱心に指導して頂きました。
ありがとうございました。

 

鹿島高校に進学し、サッカーの見え方や視野が広がり、沢山の事を吸収できました。
全国大会での経験は今でも覚えていて強く記憶に残っています。
先生方、今でも応援してくれる仲間達、ありがとうございました。

 

流通経済大学では、厳しさ、サッカーの本質、人間性も成長させて頂きました。
プロのサッカー選手に導いて頂いた事、感謝しております。ありがとうございました。

 

プロ一年目を過ごしたFC琉球。
茨城から遠く離れた沖縄で、初めてのプロ生活は、不安と期待が混ざり合った中での生活でしたが、貴重な経験ができた一年でした。サポーターの方にも応援して頂き、初めてプロを感じさせてもらった瞬間でした。
応援ありがとうございました。
当時はJFLでしたので、Jリーグはまだ遠い存在だと思っていましたが、Jリーグで躍動しているFC琉球に喜びを感じています。
これからも応援しています。

 

そして、ファジアーノ岡山。
社長をはじめ、GM、フロントスタッフ、10年間という長い期間、私の夢を叶えて頂きありがとうございました。
悲しみ、喜びを沢山のサポーターと一緒に共感できた事は、私の財産です。
3人の監督、コーチングスタッフ、トレーナー、良い時、悪い時も、共に闘えた事を誇りに思っています。
スポンサーの皆様、サポーター、岡山で出会った方々、皆さんとの出会いがサッカー選手として持つべき責任、覚悟を生み、プロサッカー選手として成長させてもらいました。
ありがとうございました。

 

おこしやす京都ACのみなさん。
2年間という短い期間でしたが、サッカーがしたいという私の想いを叶えて頂きありがとうございました。純粋な気持ちでサッカーをすることができた時間でした。
JFLに昇格すること応援しています。

 

最後に家族へ。
「サッカーしよう」という私の言葉を一度も断らなかった優しい父。
公園や庭で毎日のように練習に付き合ってくれてありがとう。
小さい頃からサッカーの試合についてきてくれた母。
泥だらけのユニホームを毎日洗ってくれてありがとう。
サッカー選手になった私を1番喜んでくれた兄。
試合に勝った時はすぐ連絡をくれて、負けたり、プレーが良くなかったりすると、気を遣って連絡を控える優しい兄。
いつも応援してくれてありがとう。
どんな時もブレない妹。
時に指摘してくれる言葉は、私を軌道修正してくれる貴重な存在です。ありがとう。

 

スタジアムによく来て応援してくれた6歳の娘。90分間試合を観るのは大変だったと思うけれど、声を出して頑張って応援してくれたね。
試合後、手を振ってくれた姿はとても可愛かったな。
引退するにあたって、サッカーを続けるか迷っている私に「辞めたら?」と言ってくれました。
強い女の子に育ちました。
ありがとう。

 

関西リーグ最終節の朝に産まれた息子。
その日の試合のコンディションは崩れ、大変でした。忘れられない一試合になったよ。
サッカーボールに興味が出てきだしたタイミングでの引退は少し残念だけど、誘ってくれたらいつでも付き合うよ。

 

そして妻。
一緒に戦ってくれてありがとう。
気分の良し悪しがある私を支えてくれて感謝しています。
サッカーしている姿がカッコよくて好き。と言ってくれていた妻には伝えるのがとても辛かったけど、サッカーを引退してもカッコいいと言ってもらえるように頑張ります!!

 

最後になりますが、今までピッチで共に戦ってきた仲間に感謝します。
ありがとうございました。

 

これからのサッカー界の発展を祈ってます。
子供達に夢を与え、人々を幸せにするサッカー界であり続けて下さい。

 

本当にありがとうございました。

 

FOLLOW USおこしやす京都をフォローする

youtubeYoutube 関連動画
instagramInstagram #おこしやす京都AC

PARTNERパートナー企業